リゾートバイトで離島生活が向いている人・向いていない人【離島は不便】

リゾートバイトの基本知識

これからリゾートバイトで離島に行くことを考えています。だけど、離島は行ったことがないから不安だな。離島での生活で不便な点は何だろう?

離島はなかなか行く機会がないので、不安なこと多いですよね。

確かに、離島での生活は不便なことが多いです。

しかしながら、最近は昔よりも生活は快適に過ごすことが出来ます。

なぜならば、ネットを使うことにより、買い物・見たい映画を観る・暇つぶし等をすることが出来ます。なので、生活はやり方次第では、快適に過ごすことが出来ます。

【経歴】リゾートバイト歴5年目・16カ所のホテル・旅館などに行きました。その中で、離島でリゾートバイトを3カ所しています。今回はその体験から離島でリゾートバイトのメリットとデメリットを紹介していこうと思います。

離島のリゾートバイトが向いている人・向いていない人

<img src="離島 島 イラスト .png" alt="離島 島 イラスト イメージ">

私が経験した離島は

  • 北海道 礼文島
  • 東京都 八丈島
  • 沖縄県 小浜島

の3カ所です。3カ所共に不便なこともありましたが、楽しく過ごせました。

その体験として、離島生活には向かない人・離島のリゾートバイトに向いている人がいます。向かない人にはかなりシンドイ思いをするので、辞めておいた方がいいです!

離島のリゾートバイトが向いている人の特徴

離島のリゾートバイトが向いている人
・生活する上で多くを望みすぎない人
・のんびりしたい人
・多少不便でも気にしない人

また、都会を離れてリラックスしたい人には、かなり向いていると思います。離島でこれからの人生について考えるのも面白いですよ!

離島のリゾートバイトに向かない人の特徴

離島のリゾートバイトに向かない人
・あれが欲しい・これが欲しいと高望みする人
・せっかちな人

私の経験から言うと、このような方はあまり離島生活に向かないと思います。

離島生活はある程度不便なことがつきものです!なので、上記の方は離島に来ているリゾートバイトの方に嫌われる可能性が高いです!

実際に、私が経験した離島の中でも離島生活に向いていないなという方がいて、めっちゃ嫌われていました。

まとめ:離島のリゾートバイトはリラックスしたい人にオススメ!

離島のリゾートバイトはリラックスしたい方にオススメです!

離島のリゾバで働いている人
・会社が嫌になり辞めてくる人
・彼氏・彼女と別れた
・人生に辛くなった
このような方が、多い気がします。気晴らしに離島で働く方が多いです!このような方たちも、最終的には元気になって帰っていきます!

離島は東南アジアのような時間にルーズな面もあります。怒らずに、それを受け入れられる方には離島生活は向いていると思います。

離島の求人を見る

離島生活の3つのメリット

<img src="メリット イラスト.jpg" alt="メリット イラスト イメージ">

離島の良いところは、

  1. 島民が優しい
  2. のんびり過ごせる
  3. 観光地に行ってもあまり人がいない

の3つです。

島民の方が優しい

島民の方が優しいです。

道を歩いていると、知らないおっちゃんが、車で目的地まで連れて行ってくれます。(笑)私は居酒屋で漁師にスカウトされたこともあります。(笑)

のんびり過ごせる

離島は何もないですが、その分都会では経験できないぐらいのんびり過ごせます!

例えば、
・夜に海でのんびりしよう
・山に行って星を見よう
・休みの日にのんびり散歩しよう

このように、離島ならではの経験が出来ます。

観光地に行ってもあまり人がいない

離島にも観光シーズンがありますが、観光シーズンでもあまり観光地に人はいません。

なので、何時間も並んだりするストレスとは無縁です!

まとめ:離島は心が穏やかになる

離島は不便な所も多いですが、慣れると快適に過ごすことが出来ます。

離島のメリットは、

  1. 島民が優しい
  2. のんびり過ごせる
  3. 観光地に行ってもあまり人がいない

という所です。

都会の生活に疲れた方・のんびり過ごしたいという方に離島のリゾートバイトはおススメです!

離島でリゾートバイトをする5つのデメリット

<img src="デメリット イラスト.jpg" alt="デメリット イラスト イメージ">

離島のデメリットは

  1. 交通が不便
  2. 台風が来ると大変
  3. 物価が高い
  4. 短期求人が少ない
  5. ネット通販が届くまで時間がかかる

交通が不便

都会から来ている人は特に感じると思いますが、一回実家に帰るとなったら、かなり不便です。飛行機に乗ったり、フェリーに乗って帰らないといけません。(1日かかります)

台風が来ると大変

台風や低気圧が来ると島は遮るものがないので、雨・風共にものすごいです!都会では考えられないぐらいの猛烈な雨・風です。

物価が高い

物価は島価格なので、普通よりも20~30円高いです。物によっては2倍ぐらいの値段です!

なので、リゾートバイトの方たちはAmazonをうまく使って生活しています。Amazonなら送料がほとんどかからずに、安い値段で物が手に入りますからね。

離島で短期求人はあまりない

離島の求人で短期求人はほとんどありません。ほとんどの求人が最低3ヶ月以上~半年働けるのが条件となっています。

理由は、交通の便がかなり不便で遠いからだと思います。

例えば、私が東京の八丈島に行った時は、羽田空港から飛行機で片道運賃1万円以上しています。また、沖縄の小浜島に行った時も沖縄まで飛行機で行ってから、沖縄→石垣島まで飛行機→石垣島→小浜島までフェリーという感じでかなり行くまでに大変でした。

離島の生活は慣れるまで最低1週間は不便

<img src="困っている男性イラスト.jpg" atl="困っている 不便 男性 イラスト">

離島の生活は慣れるまでが不便です。1週間ぐらいであるもの・ないもの・出来ること・出来ないことを理解すれば、その中で楽しむことを探しますので、それまで不便です。

特に買い物は大きなスーパーなどはない所が多く、個人商店で買うことになります。なので、私の場合はほとんどの物をAmazonで購入していました。ただし、届くまでに日数がかかることがあります。特に沖縄の小浜島にいた時は、頼んでから届くまでに早くて1週間ぐらいかかります。遅いと2週間かかります。また、物によっては、送料が追加料金でプラス1000円ぐらいかかることがあります。

離島に行くときは荷物を送った方が良い【早めに送る】

<img src="HIRAyamatoneko_TP_V.jpg" alt="宅配便 ヤマト運輸 荷物送る">

離島でリゾートバイトをする時は荷物は送った方が良いです。

以下で詳しく解説していきます。

荷物は送るべき理由

離島で荷物は送った方が楽です!

離島というのは、交通手段が不便です。

大抵はフェリーに乗っていきます。ただ、離島によっては、一般的なフェリー大きさのイメージとは違います。

一般的なフェリーのイメージは↓

<img src="denis-tuksar-ZbxCs8rPMNE-unsplash-scaled.jpg" alt="フェリー 一般的 イメージ">

 

こんな感じの1回に何百人も乗れるようなイメージの方が多いです。(私もそうでした)

しかし、離島によっては↓

<img src="goh-rhy-yan-OSQulntO_n4-unsplash-scaled.jpg" alt="小さいフェリー">

このぐらいのフェリーの場合があります。

フェリーが小さいと、離島に行く時に、荷物が多いと苦労します。

また、勤務先に行く時に、電車⇒飛行機⇒バス⇒フェリー等の乗り換えも頻繁にあるので、荷物が多いとかなり大変な目にあいます。なので、荷物は宅配便で送りましょう!

リゾートバイトに持っていく荷物は少ない方がいいです。↓の記事に必要な荷物をまとめています。

荷物は早めに送ろう!

離島に荷物を送る際は、荷物は早めに送りましょう!

場所によっては、1週間ぐらいかかる時があるので注意しましょう!なので、配達を依頼する時に必ず、いつ届くのか確認したほうが良いですよ!

オススメの離島

<img src=" おすすめ イラスト.png" alt="おすすめ イラスト イメージ">

オススメの離島

  1. 礼文島
  2. 沖縄の離島(宮古島・石垣島など)
  3. 八丈島

オススメの離島は以上の3つです!

私のオススメは、北海道の礼文島です。

礼文島の良いところ

  • ご飯が美味しい
  • 星空がキレイ
  • 花がキレイ
  • 温泉が最高(歴代NO1)
  • 夕日がきれい

というような所が私が一番好きです。また、離島にしては時給も高いというメリットがあります。

私の中で、礼文島の星空・温泉は今までの人生の中で一番感動しました。他の星空・温泉が有名な観光地に何度も行きましたが、礼文島が圧倒的です!比べ物になりません!

沖縄の離島

沖縄の離島もお勧めです!

  • 従業員(社員)の方ものんびりしている
  • 海でリラックスできる
  • 散歩が気持ちいい

沖縄の離島もお勧めです!人間関係に疲れた人はオススメです!

社員の方はかなりのんびりしている方が多いので、仕事もそこまで厳しくないところが多いです。

また、仕事の中休み・休みの日に海で遊べるのも、かなり楽しいです!

八丈島

  • 東京から近い(羽田空港から飛行機で1時間ぐらい)
  • 海がキレイ
  • 夏も暑くない(常春)
  • 花粉が飛んでいない

八丈島は、常春と言われていて、夏でも30度行かないので過ごしやすく住みやすいです!また、東京からも近く、飛行機で1本で行けるので行きやすいです。(他の離島は時間がかかる)

私は八丈島に行った時は花粉症が酷かったので逃げるように行きました。(笑)

まとめ:離島は1度は行った方が良い

私のオススメの離島は礼文島ですが、他の離島でもいいので、離島生活を1度でも体験しておいた方が良いです!

一度離島生活を経験してしまうと、心がのんびりしますので、都会で疲れ切った心をリフレッシュするには最高です!

離島では、派遣会社によって時給が変わってくる場合が多いです。実際に、同じ仕事をしているのに時給が100円違うという悔しい思いをしました。派遣会社は時給が高い所にしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました