【リゾートバイト歴5年】5つのメリット・5つのデメリットを解説!

リゾートバイトの基本知識
リゾートバイトを考えています。リゾートバイトをする上でメリットとデメリットは何があるのか知りたいな。

リゾートバイトをやろうか悩んでいる人は、『リゾートバイトはどういうものなのか』悩んでいる方が多いですよね?

リゾートバイトを初めてやる人で、リゾートバイトのメリット・デメリットを本当に理解している人は少ないです。

なぜならば、リゾートバイトを始める人は、リゾートバイトのメリットを知ることで始めているからです。デメリットを知ろうとする人は少ないです。(なので、初心者は失敗します)

この記事を読めば、リゾートバイトのメリット・デメリットを知ることができ、最初にみんながやる失敗を未然に防ぐことが出来ます。

【経歴】リゾートバイト歴5年目・16カ所のホテル・旅館などで働いたことがあります。長くリゾートバイトをやっている経験者目線でのメリット・デメリットを紹介します。

リゾートバイトの5つのメリット

<img src="メリット イラスト.jpg" alt="メリット イラスト イメージ">

リゾートバイトの魅力というとお金をあまり使わずに、生活が出来ることだと思います!また、短期間で仕事を変えることが出来るのでメリハリが付くのもメリットです!

リゾートバイトのメリットは5つあります!

  • 寮費・光熱費・食費が無料
  • 交通費支給
  • 短期間で貯金が出来る
  • 従業員の特典が充実
  • 日本全国に勤務先がある

以下で詳しく解説していきます。

寮・光熱費・食費無料

リゾートバイトをする最大のメリットは寮・光熱費・食費が無料なことだと思います。
これが無料なだけで月に10万円は支出が減ります。その分使ったり貯金が出来ます。

また、10万円~40万円まで稼げる仕事がありますので、自分の目標金額を稼げる仕事を選べるので自由度が高いのもメリットです。

交通費が支給

交通費が支給されるので、行きたい観光地で働くことが出来ます。

短期間で貯金が出来る

リゾートバイトの最大のメリットは短期間勤務が出来るということなのですが、同時に使う生活費が少ないので、貯金が短期間で出来てしまうことです。

従業員の特典が充実

従業員の特典がかなり充実しているのもメリットです。

  • 勤務先の温泉入浴無料
  • スキー場の場合、リフト無料滑り放題
  • 夏はダイビングライセンス割引のところがあります
  • 寮にWi-Fiが入っていれば無料
  • オンライン英会話を無料で使える(一部派遣会社)

その他にも勤務先のホテルの系列のサービスが割引だったり、売店のお土産が割引だったりします。

日本全国に勤務先がある

リゾートバイトは日本全国に勤務地があり、北は北海道~南は沖縄まで勤務先はあります。

私は、派遣会社を変えながら北海道礼文島~沖縄の小浜島まで日本列島を下っていきました。

東京はリゾートバイトの勤務先が少ないので別の方法を紹介しておきます↓

まとめ:リゾートバイトのメリットは5つ

リゾートバイトのメリットは5つあります。

  • 寮費・光熱費・寮費無料
  • 交通費支給
  • 短期間で貯金が出来る
  • 従業員の特典が充実
  • 日本全国に勤務先がある

誰もがメリットと感じるのは、以上の5つです。

自分のリゾートバイトをする目的をハッキリとすれば、リゾートバイトは強い味方になります。

この他にも、人によっては他のメリットもあります。

例えば、勉強の時間が取れる・出会いが多い等のメリットがあります。

リゾートバイトの5つのデメリット

<img src="デメリット イラスト.jpg" alt="デメリット イラスト イメージ">

リゾートバイトで私が感じたデメリットを紹介します!

デメリットは以下の3つ!

  • 慣れないと仕事がキツイ
  • 給料が安定しない
  • 派遣先が不便な場合がある
  • 労働時間が長い
  • 情報が少ないと失敗する

慣れないと仕事がキツイ

ホテル・旅館の仕事が始めての人は慣れないと仕事がキツイかもしれません。

  • やったことがないことをする
  • 長時間労働
  • 中抜けシフト
  • 人間関係

このようなことが、リゾートバイトでキツイと言われています。

リゾートバイトでキツイと言われていることを↓の記事にまとめています。

給料が安定しない

一番のデメリットは給料が安定しないことです。どこのホテルもホテルは繁忙期と閑散期がありますので、繁忙期は30万円稼げても閑散期は20万円も稼げないというようなことがあります。

私は、このようなデメリットがあるので、繁忙期のホテルを狙って動いています。大体ホテルの繁忙期は1~2ヶ月が多いのでその期間だけ働いて、別のホテルで2ヶ月みたいな感じで動けば、給料が安定しないということはありません。

ホテルは2月・4月・6月が閑散期のところが多いですが、日本全国どこかしら繁忙期のホテルはあります。なのでそういうホテル・旅館を狙うと問題ないです!

派遣先が不便な場合がある

ホテル・旅館の派遣先がかなり不便なところがあることがあります。
特に山奥の勤務地は周りに何もないのでかなり不便です。

例えば、コンビニまで車で1時間という所もあります(笑)

こういうホテル・旅館に行かないように事前に派遣会社の担当者に詳しいことは聞いておきましょう!

労働時間が長い

労働時間が長いホテルが多いのもデメリットです。

特に繁忙期のホテル・旅館は1日平均10時間以上働いたりします。慣れないとキツイですね。

しかし、繁忙期でも残業なしの楽な仕事はあります。もし、『耐えられなさそう』と感じたら派遣会社にその旨を言えば条件にあう仕事を紹介してくれます。

情報が少ないと失敗する

リゾートバイトでは情報収集ができない人は失敗しやすい傾向にあります。

適当に求人選ぶと『イメージと違う』というようなことになります。

なので、情報収集には力を入れましょう!

デメリットは回避できる

<img src="slip-up-709045_1280-1.jpg" alt="リゾートバイト デメリット 回避 イメージ">

  • 情報収集をする
  • 目的を明確にする

この2点をしっかりやっていれば、デメリットは回避することが出来ます。
以下で詳しく解説していきます。

情報がすべて

リゾートバイトでデメリットを回避したければ、情報収集をしましょう!

このツイートで言ったように、情報収集をしっかりやれば、自分が予想していた求人と違うということを避けることが出来ます。

  • 求人票をしっかりと見る
  • 担当者に聞く

この2つが、情報収集をするには一番いいです。

しかし、リゾートバイト初心者の時はそれでも失敗しています。リゾートバイトで失敗しやすいことを↓の記事にまとめています。

行った勤務先の人間関係が悪く、イジメられたりする人がいますが、それは情報収集をしていれば、ある程度防ぐことが出来ます。

目的を明確にしよう

デメリットを回避するには、リゾートバイトを始める時点で、【目的を明確にしている】ことも大切です!

  • リゾートバイトで何をしたいか
  • 何処に行きたいか
  • どれぐらい稼ぎたいか
  • 任期が終わった後はどうするのか

最低でもこの4点は考えておきましょう!

例えば、あまり働きたくないのに、稼げる職場に行っても辛いだけですよね。

リゾートバイトでは派遣会社選びで、かなり待遇が変わってきます。なので、派遣会社選びからリゾートバイトは始まっています。↓の記事に大手派遣会社をランキングで紹介しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました