MENU
旅猿
【リゾートバイト歴6年目・働いたホテルは21カ所】旅猿といいます。今年で32歳です。
北海道~沖縄まで色々な地域で働いています。
リゾートバイトをしながら、1~3カ月ぐらい世界中を旅する自由な人生を送っています。
派遣会社ランキング
求人数が圧倒的
前払い制度の上限が高い
高校生でもOK

【リゾートバイトの休日を徹底解説】バイトでも希望休はちゃんと取れる!!

リゾートバイトは大変そうだよね。ホテル・旅館の休日は月にどれぐらいあるんだろう?希望休は取れるのかな?休みの日は何をしているんだろう?

ホテル業界は、休日が少ないイメージな方も多いと思います。

それは、間違っているとも言えますし、正しいとも言えます。

なぜならば、ホテルによって労働基準法を順守しているところが最近出てきたからです。しかし、未だに労働基準法を守っていないホテルは多くあります。

なので、私の体験談からホテルの休日について解説していきます。

【経歴】リゾートバイト歴6年目・21カ所のホテル・旅館などで働いたことがあります。今回は私の経験を元に解説していきます!

リゾートバイトの休日は月に何回?

<img width=

休日の日数は、リゾートバイトで働くホテル・旅館によって違います。

休日の日数について以下で、詳しく解説していきます。

1ヶ月の休日は4~10日

ホテル・旅館によって違いますが、休日は4日~10日と考えてください。

休みのほとんどは【平日のみ】だと思っておいた方がいいです。

平均的に6~8日の休日が一般的です。

忙しさによって休日は変動する

ホテル・旅館の忙しさによって休日は変動するホテルがほとんどです。

忙しい時は、週1回の休みしかくれない時が多いです。

暇な時は月に10回ぐらい休日があります。

中抜けシフトの場合半休シフトがある

  • 午前中仕事⇒午後は休み
  • 午前中は休み⇒午後出勤

ホテルの仕事の特徴として、上記のような【半休シフト】が存在します。

これはホテルが忙しい時・暇な時によく見られるシフト形態です。

これを組み合わせて、タスキ掛け休日という休みがあるホテル・旅館もあります。午前出勤⇒午後休み⇒次の日の午前休み⇒午後出勤という変則シフトの場合もあります。

このシフトのデメリットは、休みが休みと感じられません。

一応毎日出勤しているので、タスキ掛け休日を貰ってもタイムカード上だと連続20連勤とかになります。

週の労働時間が40時間を超えている場合、では、週40時間超過手当てがつきます。他社では付かない場合が多いです。

リゾートバイトの希望休の取り方を解説!

<img width=

希望休は、ほとんどのホテルで取れます!

私が経験したホテルは20カ所近くありますが、すべてのホテルで希望休はOKでした!

希望休の取り方
  1. 赴任前に派遣会社の担当者に伝えておく
  2. ホテルのシフトの担当者に言う
  3. 誰かに休みを変わってもらう(裏技)

希望休の取り方は以上の3つです。

赴任前に派遣会社の担当者に伝えておく

赴任前に希望休が分かっているのなら、事前に派遣会社の担当者に言っておきましょう!

そうすることで、派遣会社の担当者が、ホテルの担当者に伝えてくれるので、かなりの確立で希望休が通ります。

後々、言っても希望休が通らない場合が多いです。休みたい日が分かっているなら、早めに伝えておきましょう!

ホテルのシフトの担当者に言う

希望休を聞いてくるホテル・旅館もありますが、多くの場合は、自分でホテルのシフトの担当者に言わなければ、希望休は貰えません!

この場合も、休みたい日が決まった時点で早めに言いましょう!早めに言わないと、シフトを作る都合上希望休が通らない可能性があります。

誰かに休みを変わってもらう(裏技)

希望休を出したけど通らない場合もあります。

自分の希望休は通らなかったけど、他の誰かが、休みの場合があります。

その場合、休みの人に休みを変わってもらいましょう!

休みを変わってもらう場合は、一言上司に言いましょう!もしかしたら、仕事の都合上そのシフトになっている可能性があります。

忙しい時期は希望休が取れない

忙しい時期(ゴールデンウィーク・夏休み・年末年始など)は希望休が取ることはできないと考えてください。忙しい時期は全職員が総出で業務に当たります。(それでも人手は足りません)なので、1人だけ希望休を取るということはできないと思ってください。

ただ、私の考えを言いますと、みんなが休みの大型連休で、わざわざ人ごみのところに行かなくても、大型連休後の閑散期に行きたいところに行けば空いているし、料金も安く済むので効率的だと思います。

体調不良で休みたい場合の対処法

<img width=

体調不良で休みたい場合は自分の部署の上司に言えば休むことができます。

上司がその日出勤ではない場合は、その部署の出勤しているリーダーっぽい人(社員とか)に伝えれば休めます。

最悪は、仲がいい人に伝えましょう!

絶対に無断欠勤はしないようにしましょう!

特にホテルの朝食準備など、最低限の人数しかいない場合があります。無断欠勤は、かなり迷惑になります。

忙しい時は休日がもらえない【可能性高い】

<img width=

忙しい時(ゴールデンウィーク・お盆・年末年始)はどこのホテルも連勤になります。

忙しい時の連勤について以下で解説していきます。

忙しい時は連勤覚悟!

大体ホテル・旅館が忙しい時は男女共に7連勤とかが当たり前になってきます。覚悟しときましょう!

私は、MAX14連勤したことがあります。女性よりも男性の方が連勤になる可能性が高いです。

連勤はしょうがないと考えた方が気持ちは楽です。

連勤の負担が減る3つのアドバイス

  • 忙しい時期の1週間前の赴任は避ける
  • 楽な仕事を選ぶ
  • 客室数が少ないホテル・旅館を選ぶ

以下で詳しく解説していきます。

忙しい時期の1週間前の赴任は避ける

最低でも、忙しい時期の1ヶ月前に赴任しておく。

早めに赴任しておくことで、かなり体の負担が違います。

やっぱり、慣れた仕事と慣れていない仕事は疲れ方が違いますからね。

楽な仕事を選ぶ(風呂番・スパ受付など)

ホテルによっては楽な仕事があります。

楽な仕事をしたい方は、温泉受付などの仕事を選びましょう!

間違ってもフロント・レストラン・客室清掃には入らないようにしてください。

客室数が少ないホテル・旅館を選ぶ

客室数が少ないと、忙しい時期でもあまり関係がありません!

客室数が少ないと、全体的にやることがあまりないので、いつもよりも少し忙しいぐらいです。

なので、身体的負担を軽減できます。

リゾートバイト【休日の使い方】

<img width=

みんな休日はどう過ごしているんだろう?

リゾートバイトの休日の過ごし方は様々な選択肢があります。

休日の過ごし方
  • 観光に行く
  • 温泉につかる
  • 部屋で過ごす
  • カフェで過ごす
  • 趣味に時間を使う
  • 勉強する

多くのリゾートバイトをしている人達の休日の過ごし方は上記の6つが多いです。

観光は空いている時に行く

<img width=

リゾートバイトの良いところは、期間内で行きたい時に観光に行けるという点です。

例えば、今日は雨だから観光はやめて近くのカフェに行こうという選択肢があります。

観光は平日の晴れた日にすれば空いてるし、ストレスが溜まらずに観光ができます。

趣味に時間を使う

<img width=

私は映画・海外ドラマを見ることが好きです。

なので、休日はU-NEXTで映画・海外ドラマを見て楽しんでいます。

ちなみに、私のオススメは、海外ドラマのウオーキングデットです。

他の方も趣味のためにリゾートバイトをしている方は多くいます。

  • 冬はスノーボードを無料で滑りたいからリゾートバイトをしている
  • 夏はダイビングをしたいから沖縄でリゾートバイトをする
  • 山登りが好きだから、紅葉などの山登りシーズンにリゾートバイトをする

など多くの趣味や夢を持った方がリゾートバイトを利用しています。

勉強をする

<img width=

私は、海外に移住したいという目標があるため休日・中休みの間に英会話などをしています。

ちなみに、私はレアジョブ英会話というオンライン英会話を使って勉強していました。私以外にも休憩時間や休みの日を勉強の時間に充てている方はかなり多いです。

私が会った中だと、動画編集の勉強をしたり・資格の勉強をしたりしている人がいました。

オンライン英会話を【無料】で受講できる派遣会社は、【】【】です。

【補足】パソコンを持っているなら休日に便利

パソコンがあるとできること
  • 勉強ができる
  • 暇つぶしができる
  • 調べものに便利

リゾートバイトでパソコンを持っていくか悩んでいる人がいますが、パソコンは持っていった方が選択肢が広がります。

最近増えてきていますが、パソコンがあれば副業をすることもできます。

まとめ:リゾートバイトは休日の選択肢がたくさんある

<img width=

リゾートバイトは、休日が多い・少ない職場を自分で選ぶことができます。

休日の過ごし方は、各々違いますので、それぞれが楽しい休日の過ごし方を過ごすことができます。

リゾートバイトの特徴を生かして、遊ぶ人もいれば、勉強する人もいます。

休日の過ごし方の選択肢が多いのが、リゾートバイトの良いところです!

リゾートバイトのよくある質問は、⇓の記事にまとめています。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする